モビットの審査に通る人と落ちる人の違い!審査に通る3か条!

モビットの審査に通る人と落ちる人の違い!審査に通る3か条!

ホーム » 年収が200万円未満の人でもモビットの審査に通った理由とは?

年収が200万円未満の人でもモビットの審査に通った理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モビットの審査に通る人にはある共通点があった!

インターネットの口コミなどには、年収が少なくてもカードローンの審査に通ったという声がたくさんあります。実は、抑えるところをきっちり抑えておけば、審査には通るのです。どういう事項を抑えておくべきか、それは、審査に通った方の傾向や特徴を見ればわかります。

モビットの審査に通る人の特徴!

1.安定した収入力がある
2.過去の返済実績が高い
3.現在の借入額が少ない

概ねこの3点をおさえて抑えておけば、審査に通ることができます。

これからカードローンの審査を受けようという方は、必ずこれらの点を抑えておいてくださいね!  

実はモビットの審査基準はとてもはっきりしています。

消費者金融では大手で有名なモビットを例に、審査基準を確認してみましょう。消費者金融ではどこも同じような審査基準になっていますので、参考になると思います。

モビットの審査基準は下記の通りです。

1.継続的に安定した収入が見込めること
2.過去に返済事故がないこと
3.借入限度額が年収の1/3以下であること

この3点だけです。

この記事を読まれる方の大半が、初めてカードローンを申し込まれる方であるという前提で説明いたします。初めてカードローンを申し込まれる方であれば、過去の返済事故履歴については心配ないと思います。

次に1番目の安定した収入についてですが、これは収入の多さは関係ありません。月々一定以上の収入が継続的に得られていればOKです。

3番目の借入限度額だけが、収入によって決められてしまいます。これは、貸金業法にある総量規制というものが適用されるためなのですが、年収の1/3を超えてお金を借りることができない制度です。ですから、この限度額だけは、収入に見合った額に設定されます。  

あなたがモビットの審査に通る為に必要な3つのこととは?

モビットの審査基準がわかったうえで、どうすれば審査に通ることができるのかをご説明しましょう。

審査に通るためのポイントは、次の3点です。

1.安定した収入力がある
2.過去の返済実績が高い
3.現在の借入額が少ない

これらについてはおさらいになってしまいますが、大事なポイントですのでよく覚えておいてください。  

1.安定した収入力がある

まず最初の、「安定した収入がある」という点について説明しましょう。

前述しましたが、ここでは収入の多さは関係ありません。毎月決まった額以上の収入さえあればいいのです。ですから、契約社員の方や派遣社員の方でも、安定した収入さえ得られていれば、この点はクリアできます。

また、パートやアルバイトの場合でも、月々の収入がしっかりしていれば、それがたとえ月10万円だとしても、審査に通ることができます。

繰り返しますが、収入の多い少ないは関係ないのです。きちんと安定した月収が得られていればOKです。  

2.過去の返済実績が高い

次に「過去の返済実績が高い」という点について説明しましょう。

実は、過去に何回もお金を借りたことがあるというのは、審査の際のマイナスポイントにはなりません。それどころかプラスポイントになることさえあります。

過去にお金を借りて、それをきちんと返済したとなれば、またお金を貸しても必ず返してくれるだろうという、信用面でのプラスポイントになるのです。今までお金を借りたことがない人よりも信用度は増します。

あなたがこれまでに借りたお金をきちんと返済してきたのであれば、堂々と胸を張って審査に申し込んでください。

初めてカードローンの審査に申し込まれる方も心配はありません。過去に借入がないということは、返済事故を起こした履歴も無いはずです。初めてお金を借りるということは、プラスポイントこそないものの、マイナスポイントも全くないわけですから、心配はいりません。  

3.現在の借入額が少ない

最後に「現在の借入額が少ない」という点について説明しましょう。

初めてカードローンを申し込まれる方は、この点は心配いらないでしょう。

既に他社からお金を借入れている場合は、注意してください。前述した総量規制というものは、借入総額が年収の1/3を超えてはならないのです。ですから既に何社からも借り入れている場合は、総額が年収の1/3を超えていないということを確認してください。

総額が年収の1/3を超えていないのであれば、借入総額が年収の1/3を超えない範囲で借入限度額が設定されます。

すでに年収の1/3以上を借入れてしまっている場合は、消費者金融のカードローンの審査には通りません。このような場合は、総量規制の適用対象外である銀行系のカードローンをお薦めします。  

年収が200万円未満なら、限度額は20万円以下に抑えるのがベスト!

モビットの場合、借入限度額が、50万円以下であれば収入証明が不要になります。ですから、誰もが最低でも50万円までは借りることができます。

しかしながら、この50万円という額は、基準上はOKだというだけで、あなたの返済能力に対してOKと判断されたわけではないのです。

年収が200万円以下であれば、そのほとんどが生活費として消えていってしまうでしょう。そうすると、返済に充てられるのは、せいぜい収入の1割程度になるのではないでしょうか?返済能力が年間で20万円ということになるのであれば、借りる額もそれ以下にしなくてはいけません。

特に年収が低い場合は、生活費が占める割合が高くなるはずですから、目安としては年収が400万円以下の方は、年収の1割以下の借入限度額に抑えておくことをお薦めします。ですから、年収が200万円なら限度額は20万円、年収が150万円なら限度額は15万円となります。

返済に困らないための目安ですから、借りる前に頭に入れておいてください。  

三井住友銀行グループのモビットなら電話なしで審査が完了します!

通常、消費者金融でも銀行系のカードローンでも、審査の際にはほんにん確認と在籍確認という行為が行われます。

本人確認とは、他人が偽って申し込んでいないか或いは本人が申請していても偽りがないかを確認するためのものです。そのために、通常は、申告した連絡先に電話をかけて本人であることの確認を取ります。

在籍確認というのは、申告した勤務先にきちんと在籍しているかを確認する行為で、勤務先に電話をかけて、実際に在籍していることの確認を取ります。

いづれの場合も電話連絡が来ることになります。

ただし、これは一般的なケースで、モビットの場合はこれらの電話確認がなくても審査を受けることができます。条件が一つだけあるのですが、それは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に本人名義の口座がある場合に限られます。度虎化の口座を既にお持ちであれば、Web完結で審査に申し込むことができます。この場合、電話が掛かってこないだけではなく、自宅に郵便物が届くこともありません。すべてネット上で完結するのです。

非常に便利なサービスですので、これからカードローンを申し込まれるという方は、ぜひモビットのWebで申し込んでください。モビットのホームページに手続き方法や手順の詳細が載っていますので、そちらをご確認ください。

モビットのホームページはこちらです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー